英語・日本語・スペイン語でメリークリスマス!【かんたん子供英会話動画vol.14】

  にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

ハロー!ヒューゴだよ!
今回はね、クリスマスグリーティングスの言い方と、
クッキーハウスのつくり方だよ!
まずはどうがを見てね!(^^♪

動画で出てきたフレーズ

Do you know how to say “Merry Christmas” in Japanese?
日本語で”メリークリスマス”ってどう言うかしってる?

 😎 Do you know how to~ は色んなところでつかえるよ。

Do you know how to use?
どうやって使うかしってる?

Do you know how to open?
どうやってあけるかしってる?

発音れんしゅう

Merry Christmas!

Happy Holidays!

 

😎 Merry Christmas!って言われたら・・・
  Merry Christmas to you too!
  Same to you!
  You too!
      など、いろんな言いかたがあるよ。

「Same to you!」「You too!」はどんなときでも使えるよ!

クッキーハウスのレシピ

クッキー生地レシピはこちらを参考にしました。

➡クッキー生地レシピ
※今回はえんとつ部分は焼いていません。
あまった生地でクッキーを焼きました。

クッキーハウスの型は
ママお気に入りサイト”おいしいアメリカ”の中の
おいしいジンジャーブレッドハウスより

➡ジンジャーハウス型紙を使いました。

おうちの方へ ~ヒューゴママより~

毎年ヒューゴと一緒にジンジャーブレッドハウスを作ります。
今回は仲良しのマヤちゃんと一緒に作ることになりました。

いつもは私のお気に入りのサイト
”おいしいアメリカ”を参考するのですが、
今回は私の大きなミスで(強力粉買い忘れ)
ジンジャーブレッド生地が作れませんでした。

そこで急きょいつもとは違うレシピをネットで探し、
クッキーハウス製作当日の朝、慌てて焼いたのでした。
偶然にもこのレシピが大当たり!

甘さ控えめのとても美味しいクッキーができました。
私も少し手伝いましたが、なんせ子供同士で作らせたので、
途中で屋根がずり落ちるというハプニングも。

でも子供ってすごいな~と思ったのは、
屋根がずり落ちたとたん、
じゃあお菓子を家の中に入れようよ!♪
という斬新な発想を持ち出し、
クッキーハウスの中にどんどんお菓子を入れていったのです。

大人なら屋根をもう一度ちゃんと作り直そうとしませんか?
本当に子供たちの発想にはいつも驚かされます。
ちょっとくらい壊れても、そこからクリエイトすればいいんだから。
という感じでしょうか。

私たちも子供のころ、そんな風だったんでしょうねきっと。
もう遠い昔のことで忘れてしまってますけど。笑
その日は彼らの様子を撮影しつつ、
忘れかけてた大切なことを教わったように思います。

これは3年前のママとヒューゴの合作

あとクリスマスのあいさつのことで少し。
日本では”メリークリスマス”というのが当たり前なのですが、
アメリカは他国民族が集まる国なので、宗教もバラバラです。

”Merry Christmas”は基本的にキリスト教徒が言うフレーズ。
なので無難な”Happy Holidays”を使う人もいます。
ま、そうは言っても、気にする人はあまりいませんけどね。笑

え?そのあとクッキーハウスはどうなったかって?
もちろん見るも無残な姿になりましたよ。ほら。