急きょ飛び入りでピアノをひいたよ!【子供英語ブログ・動画】

 にほんブログ村 小学生日記ブログへ

Hello! HUGOだよ!
ピアノの先生のたんじょう会でピアノをひいたよ。
みんな見てね!

😎

I played minuet in g minor.

At first I was nervous then I played it with two mistakes

in front of about forty people.

But I could not believe that I did it !)

YAY!

It felt amazing then I had cake and food.

It was good.

I hope you see my next video bye :)!!!

Hugo

<日本語やく>

ぼくがひいたのは「バッハのト短調メヌエット」

さいしょきんちょうしたから、

40人くらいの前で2回もまちがってしまった(*_*;

でも、みんなのまえでピアノをひけたのが、しんじられない!

イエーイ!

きぶんよかったよ。

そしてあとでケーキとフードをたべたんだ。

おいしかったよ~。

じゃまた、みんながつぎのどうがを見てくれることを

いのってまーす。バ~イ!

ヒューゴ(^^♪

おうちの方へ ~ヒューゴママより~

先日、ヒューゴのピアノの先生の誕生会が教会で行われました。
先生はオペラ歌手でもあり、ピアノのほかにボイスレッスンなどをされています。

誕生会では先生の友人関係、そしてボイスレッスンの生徒さんたちが集い、
ミニコンサート&パーティーで、和やかなひと時を過ごしました。

実はヒューゴはピアノを弾く予定は全くなく、
なんと急に前座として弾くことになったのです。

先生の「弾いてみる?」のひと言に「弾く!」と即答。
楽譜も持ってきてなかった上に、まだ練習中の曲を弾くって?

本人も大勢の人たちの前で弾くのは初体験。

緊張していたのか、ちょっと間違えたりしましたが、
なんとか弾き終え、拍手をもらうことができました。

今回は彼にとって、とてもいい経験になったと思います。
本格的な発表会じゃないから・・・と思いながらも、
親は本人以上に緊張していましたが。笑

アメリカの小学校は日本とは違い、
音楽の時間に楽器などを練習する機会は、
ほとんどありません。

なので歌を歌ったり、ピアニカや縦笛などを習える
日本の教育システムは、本当に素晴らしいと改めて思います。

※アメリカでは州や私立校により教育システムが異なる場合があります。